Sunday, March 31, 2013

AKB0048

2年ぐらい前、AKB48という大きな女子アイドルグループが嫌いだった。なぜだろうか?肉を売るイメージかもしれない。いつも水着でセクシーな写真を撮った売れた、こんなアイドルはオタクだけが好きよ。
けど、このシングル、《桜の木になろう》まで、初めて、彼女たちの歌が聞いた。とても優しいメロデイーの卒業ソングです。聴いた瞬間、好きになれた。だんだん、AKB48のウタが好きになっていく。いいソングいっぱいあるですね。
始めに、板野友美(ともちん)だけが覚えた。AKBのファストソロでしょう?!《Dear J》から彼女のことが知ってた。とてもきれいですね。
そして、あの頃のセンター、前田敦子(あっちゃん)、大島優子、高橋南(たかみな)、小島陽菜(こじはる)、篠田麻理子、柏木由紀(ゆきりん)、この七人だけが顔を覚えている。今も、15人くらい覚える。


AKB0048はAKB48のアニメ化です。いいアニメです。いまアニメ二期も放送終わりました。やはり凪沙があっちゃんですね。いつも智恵理より、凪沙がすきです!なぜなら、自分もよく言われない。感動させました、最終のエピソド。みんなに嫌われたでもあきらめない、ずっと輝きを射すあげた、

…この涙を君に捧ぐ もっと君が輝くなら …

アタシここで泣いたわ、友歌が護にこのウタを歌いたとき、ラブラブステキ!



"いつかの願いは 土の中眠って

約束の時刻に 希望の芽がでるんだ

二人が出会ったころ 夢などまだ種だった

どれくらい時がすぎ 花は咲くのだろう

この涙を君に捧ぐ もっと君が輝くなら

ずっと見守っていた 沈黙の空から

今 僕は雨になろう "

いい曲です!